教員紹介

田浦 雅徳 (たうら まさのり)

MASANORI TAURA

役職 教授
生年・出生地 昭和28年 熊本県生まれ
出身大学等 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程日本史学専攻
学位 博士(文学)

<主な担当科目>

国史概説D、国史学特講DⅡ、国史学演習DⅡ、国史学特殊演習DⅡ

※科目名のD…日本近代史

<専門分野>

日本近代政治外交史

<主な研究内容の紹介>

「1930年代における日本の外交選択」

私が研究しているのは、昭和時代、とりわけ太平洋戦争前の日本の政治外交史です。もともとなぜあの戦争が起こったのかということに関心があり、それが当時の政治や外交への全般的な探求へと移っていきました。例えば満州事変前後に日中関係の改善にかかわった外交官がいかに苦労して、修復への道筋を立てたか、外交文書や一次史料を読みながら跡付けていくことは、単に自分の知的興奮をかきたてるだけでなく、当時の国際環境の中で日本がかかえていた課題を自ら考えていくことにもなるのです。

<著書・論文等>

  • 『日本近代史の再構築』(山川出版社・1993年)
  • 『続・現代史資料5海軍・加藤寛治日記』(みすず書房・1994年)
  • 『植民地帝国日本の法的展開』(信山社、2004年)

<主な所属学会・社会活動等>

伊勢市史編纂専門委員会近代部会長、史学会、軍事史学会

もっと詳しく

ゼミの紹介

松浦 光修

岡野 友彦

田浦 雅徳

上野 秀治

遠藤 慶太

多田 實道

谷口 裕信

堀内 淳一

戻る ページトップ

国史学科とは?コース紹介と履修モデル習得可能な資格ゼミ紹介卒業題目一覧教員紹介
国史学科研究室史學會| 大学院 国史学専攻受験生の方在学生の方へ
リンク集お問い合わせ