教員紹介

多田 實道 (ただ じつどう)

JITSUDOU TADA

役職 准教授
生年・出生地 昭和45年 岐阜県生まれ
出身大学等 皇學館大学大学院文学研究科博士課程国史学専攻満期退学
学位 修士(文学)

<主な担当科目>

国史学特講BI、国史学演習BI、史料講読B

※科目名のB…日本中世史

<専門分野>

日本中世史

<主な研究内容の紹介>

中世のお伊勢さん―中世神宮領および神宮と仏教の関係について

美濃国土岐氏(みののくにときし。ちなみに本能寺の変で有名な明智光秀は、この一族の出身です)の研究を皮切りに、鎌倉時代の訴訟制度、中世の禅宗(曹洞宗)に関する研究を経て、現在は、中世における伊勢神宮の所領や、神宮と仏教との関係を明らかにする研究に取り組んでいます。

伊勢神宮においては、例えば経典を染紙(そめがみ)、僧侶を髪長(かみなが)と呼ぶなど、仏教を禁忌(タブー)として遠ざけてきました。こうした傾向は、古代や近世以降には顕著にみられます。ところが、中世では果たして如何であったのか…今後研究を深め、その成果を国史学特講BTなどの講義で紹介していきたいと考えています。

<著書・論文等>

  • 『紀伊半島東部 曹洞宗史研究』(山喜房佛書林・2008年)
  • 『伊勢市史』第2巻中世編(共著・2011年)
  • 「南北朝期の土岐氏守護代について」(「岐阜史学」第92号・1997年

<主な所属学会・社会活動等>

日本古文書学会、中世史研究会、神道史学会委員

もっと詳しく

ゼミの紹介

松浦 光修

岡野 友彦

田浦 雅徳

上野 秀治

遠藤 慶太

多田 實道

谷口 裕信

堀内 淳一

戻る ページトップ

国史学科とは?コース紹介と履修モデル習得可能な資格ゼミ紹介卒業題目一覧教員紹介
国史学科研究室史學會| 大学院 国史学専攻受験生の方在学生の方へ
リンク集お問い合わせ