教員紹介

松浦 光修 (まつうら みつのぶ)

MITSUNOBU MATSUURA

役職 教授
生年・出生地 昭和34年 熊本県生まれ
出身大学等 皇學館大学大学院文学研究科博士後期課程国史学専攻
学位 博士(神道学)

<主な担当科目>

日本の思想、日本思想史、総合演習

<専門分野>

日本思想史

<主な研究内容の紹介>

「美しい日本人の“心の歴史”」

皆さんは「日本に生まれてよかった」と思うことが多いですか?それとも「日本なんて・・・どうせ・・・」と思うことが多いですか?どちらにしても自分が、なぜそう思いがちなのか、自分自身で考えてみたことはありますか。「ただ、なんとなく・・・」という人がほとんどでしょうね。でも、じつは皆さんがそう思うのには、そう思うようになった原因が、ちゃんとあるんです。答えは、「歴史」にあります。人の「考え方」「感じ方」、それも歴史によって、つくられたり、こわされたりするのです。そういう「日本人の心の歴史」・・・、それを明らかにするのも歴史学なのです。

<著書・論文等>

  • 『大国隆正の研究』(神道分文化会・平成13年)
  • 『大国隆正全集』第8巻(国書刊行会・平成13年)
  • 『夜の神々』(慧文社・平成17年)
  • 『【新訳】南洲翁遺訓』(PHP研究所・平成20年)
  • 『日本の心に目覚める五つの話』(明成社・平成22年)

<主な所属学会・社会活動等>

鈴屋学会、日本思想史学会、神道史学会、明治聖徳記念学会

もっと詳しく

ゼミの紹介

松浦 光修

岡野 友彦

田浦 雅徳

上野 秀治

遠藤 慶太

多田 實道

谷口 裕信

堀内 淳一

戻る ページトップ

国史学科とは?コース紹介と履修モデル習得可能な資格ゼミ紹介卒業題目一覧教員紹介
国史学科研究室史學會| 大学院 国史学専攻受験生の方在学生の方へ
リンク集お問い合わせ