史學會

研究部会

研究部会は、国史学科教員の指導のもとに開催される研究会で、現在、9つの部会があります。所属・学年を問わず参加できます。

※開催日、開催場所などは変更される場合があります。

平成29年度

<古代史部会>

主宰: 遠藤 慶太 准教授
内容:

六国史を読む

春学期は写真版をもとにして『日本書紀』を読み進める。秋学期は延暦十四年(795)に起きたできごとを『日本後紀』を中心にして通覧する。なお機会があれば、内容に関連した現地見学も実施したい。

開催: 木曜日16:50より 於図書館ラーニングコモンズ

<中世史I部会>

主宰: 多田 實道 准教授
内容:

伊勢国の中世文書を読む

上記を通してくずし字の読解力を養うとともに、当時の伊勢国の状況について考察する。

まずは、度会郡南伊勢町古和浦公民館所蔵「古和文書」(写真版)の講読から始めたい。

開催: 木曜日17:00より 於多田研究室

<中世史Ⅱ部会>

主宰: 岡野 友彦 教授
内容:

『吉田家日次記』を読む

室町時代の神祇官人にして吉田神社の神職であった吉田家当主の日記である『吉田家日次記』のうち、特に戦国初期、文明年間の日記である「兼致朝臣記」を呼んで、くずし字の読解力を養うとともに、戦国時代の貴族社会と神道界との関わりについて考える。

 

開催: 火曜日13:00より 於大学院国史学演習室

<近世史部会>

主宰: 上野 秀治 教授
内容:

『内閣文庫所蔵史籍叢刊32文政雑記』の読解

崩し字で記された「文政雑記」を解読し、内容を検討していく。本年度は 文政13年7月2日の京地大地震記事から読む。

開催: 金曜日16:50より 於大学院国史学演習室

<近代史I部会>

主宰: 谷口 裕信 准教授
内容:

井上毅宛書簡(影印)を読む

明治20年代前半の政治史に関する書簡(伊藤博文を中心に)を読解する。

開催: 月曜日16:50より 於谷口研究室

<近代史Ⅱ部会>

主宰: 田浦 雅徳 教授
内容:

昭和の外交官の書簡・日記を読む

松岡洋右や重光葵などの書簡や日記を読んで、昭和戦前期の日本外交を再検討する。

開催: 金曜日13:30より 於国史学科研究室

<思想史部会>

主宰: 松浦 光修 教授
内容:

吉田松陰の『講孟余話』を読む。

吉田松陰の『講孟余話』を読みつつ、幕末の志士の思想を考察する。

開催: 木曜日17:00より 於松浦研究室

<東洋史部会>

主宰: 堀内 淳一 准教授
内容:

史評を読む

前年度に引き続き、『四庫提要』を読む。今回は『四庫提要』の批評を行っている近人の文章も併せて読むことで、古代から近代までの史料研究の厚みに迫る。

開催: 金曜日16:50より 於国史学科研究室

<日欧比較文化史部会>

主宰: 岡野 友彦 教授・クリストファー メイヨー准教授
内容:

『Daily Life in Japan』を読む

昨年度に引き続き『Daily Life in Japan at the time of the Samurai,1185-1603』を英文で講読し、英文読解力を養うとともに、1960年代フランスアナール学派の捉えた日本中世社会史について考える。

開催: 木曜日16:50より 於図書館ラーニングコモンズ

平成28年度

平成27年度

平成26年度

平成25年度

平成24年度

平成23年度

平成22年度

平成21年度

平成20年度

平成19年度

戻る ページトップ

国史学科とは?コース紹介と履修モデル習得可能な資格ゼミ紹介卒業題目一覧教員紹介
国史学科研究室史學會| 大学院 国史学専攻受験生の方在学生の方へ
リンク集お問い合わせ