史學會

既刊号目次

機関紙『皇學館史學』トップへ戻る

『皇學館史學』総目録(創刊号〜第20号)

第20号(平成17年10月)
  • 『岩倉公実記』編纂過程の研究(上)〔上野秀治〕
  • 橋亀吉と「政治研究会」―その「無産政党綱領私案」と産業振興策を中心に―〔田浦雅徳〕
彙報 平成十六年度皇學館大學史學會活動報告・平成十六年度修士論文及び卒業論文題目・平成十六年度国史学科教員並に講義・平成十六年度研究旅行
第19号(平成16年3月)
  • 二十巻本『日本後紀』の流布をめぐって〔大平和典〕
  • 江戸幕府老中の対客について〔土屋千浩〕
書評 藤本元啓著『中世熱田社の構造と展開』〔鈴木勝也〕
彙報 皇學館大學史學會平成十五年度活動報告・平成十五年度修士論文及び卒業論文題目・平成十五年度博士の学位授与および取得・国史学科平成十五年度講義題目・国史学科研究旅行見学地
第18号(平成15年3月)
  • 中・近世移行期における金融業者の一試論―伊勢神宮周辺地域における「すわい」の存在形態を事例に―〔千枝大志〕
  • 八朔における贈答関係の一考察〔伊藤信吉〕
  • 近江國御家人鎌田氏と関係史料―伊賀名張鎌田文書・「弘化帖」所収影写本を中心に―〔惠良宏〕
彙報 皇學館大學史學會平成十四年度活動報告・平成十四年度修士論文及び卒業論文題目・国史学科平成十四年度講義題目・国史学科研究旅行見学地
第17号(平成14年11月)
  • 宝亀十一年十月廿六日格に見える発効範囲の異同考〔橋倉雄二〕
  • 幕藩体制下における将軍の御成―参詣を中心に―〔山本梨加〕
  • 史料紹介 丹波山国近世文書二件〔岡野友彦〕
彙報 皇學館大學史學會平成十三年度活動報告・平成十三年度修士論文及び卒業論文題目・平成十三年度博士(文学)の学位授与・国史学科平成十三年度講義題目・国史学科研究旅行見学地
第16号(平成14年2月)
  • 藤原実頼論〔中斎洋平〕
  • 美濃国守護土岐頼益の支配体制―斎藤氏の抬頭過程を中心に―〔廣瀬量平〕
彙報 皇學館大學史學會平成十二年度活動報告・平成十二年度修士論文及び卒業論文題目・国史学科平成十二年度講義題目・国史学科研究旅行見学地

ページトップ

第15号(平成12年3月)
  • 「沐浴之儀」について―鎌倉時代の褒賞制度を中心に―〔海野眞〕
  • 中世熱田社領の構造と変遷〔後藤武志〕
  • 山陵志にみる蒲生君平の考古学的見識〔阿部邦男〕
彙報 史學会平成十一年度活動報告・平成十一年度修士論文及び卒業論文題目・国史学科平成十一年度講義題目・国史学科研究旅行見学地
第14号(平成11年3月)
  • 神道史学考〔鎌田純一〕
  • 伊勢御師幸福大夫の出自とその活動について―中世末期を中心に―〔窪寺恭秀〕
  • 日本陸軍将官(自十五期至三十三期)における「カデ」と「デー」の数的比較〔山口宗之〕
彙報 史學会平成十年度活動報告・平成十年度修士論文及び卒業論文題目・国史学科平成十年度講義題目・国史学科研究旅行見学地
第13号(平成10年3月)
  • 中世における宇佐八幡宮の造営〔中村康孝〕
  • 「長徳四年某国戸籍」の史料的性格〔橋倉雄二〕
彙報 史學会平成九年度活動報告・平成九年度修士論文及び卒業論文題目・国史学科平成九年度講義題目・国史学科研究旅行見学地
第12号(平成9年3月)
  • 太政官奏に関する一考察〔桜田伸治〕
  • 『参議要抄』所引『唐昌抄』について―『後二条師通記』の逸文一条―〔栗木睦〕
  • 中世足助氏に関する一考察〔鈴木勝也〕
彙報 史學會平成八年度活動報告・平成八年度修士論文及び卒業論文題目・国史学科平成八年度講義題目・国史学科研究旅行見学地
第11号(平成8年3月)
  • 法華八講と公家領荘園〔岡野友彦〕
  • 『西宮記』諸巻本に関する一考察〔栗木睦〕
  • 幕藩体制下における一国一条令〔坂倉智之〕
彙報 史學會平成七年度活動報告・平成七年度修士論文及び卒業論文題目・国史学科平成七年度講義題目

ページトップ

第10号(平成7年3月)
  • 四道将軍伝承の成立について〔荊木美行〕
  • 中世前期大和国の支配構造―寺院領主興福寺と在地の関係を中心に―〔上之郷守〕
  • 弁官補任補遺〔杉本寿範〕
  • 交替式語句索引稿〔近藤大典〕
彙報 史學會平成六年度活動報告・平成六年度修士論文及び卒業論文題目・国史学科平成六年度講義題目
第9号(平成6年3月)
  • 丹波国宮田荘における諸問題―訴訟問題を中心として―〔小塩康眞〕
  • 蒲生君平の西遊に対する牧石潭の協力〔阿部邦男〕
  • 中川宮の八月十八日政変参画の素因について〔森下環〕
彙報 史學會平成五年度活動報告・平成五年度修士論文及び卒業論文題目・国史学科平成五年度講義題目
第7・8号(平成5年3月)
  • 田中先生の御退任にあたって〔渡辺寛〕
  • 田中先生の略歴と著述(歴史関係)
  • 懐風藻の一考察―目録と本文の異同を中心に―〔荊木美行〕
  • 尊経閣文庫所蔵本「本朝月令」と建武の朝儀再興〔清水潔〕
  • 東下りの僧と鎌倉幕府―東西交流史の一側面―〔平泉隆房〕
  • 大国隆正の天皇総帝論〔松浦光修〕 史料紹介「尾崎三良関係文書」〔村瀬信一〕
彙報 史學會平成四年度活動報告・平成四年度修士論文及び卒業論文題目・国史学科平成四年度講義題目
第6号(平成4年3月)
  • 宇佐宮領荘園の貢納物輸送について〔惠良宏〕
  • 眞木保臣関係未刊史料研究―「異聞漫録(一)」―〔山口宗之〕
彙報 史學會平成三年度活動報告・平成三年度修士論文及び卒業論文題目・国史学科平成三年度講義題目

ページトップ

第4・5号(平成3年9月)
  • 大国隆正における初期の思想形成〔松浦光修〕
  • 橋本左内の名乗りについて〔山口宗之〕
  • 三重県下の総選挙〔村瀬信一〕
  • 尾張地方の方形周溝墓〔服部信博〕 江戸幕府目付就任者の数量的分析〔石倉和幸〕
書評 白山芳太郎著『北畠親房の研究』〔深津睦夫〕
彙報 史學會昭和六十三年度以降活動報告・昭和六十三年度以降修士論文及び卒業論文題目・国史学科昭和六十三年度以降講義題目
第3号(平成元年12月)
  • 三木正太郎教授を偲ぶ(略歴・業績)〔渡辺寛〕
  • 鎌田純一先生の御退任にあたって(略歴・業績)〔惠良宏〕
  • 大名の私的資産に関する一試論〔上野秀治〕
  • 初期鎌倉幕府と宇佐八幡宮〔惠良宏〕
  • 北畠親房と山鹿素行〔中山廣司〕 江戸幕府奏者番の勤務実態〔高田徹〕
彙報 史學會昭和六十二年度活動報告・昭和六十二年度卒業論文題目・国史学科昭和六十二年度講義題目
第2号(昭和62年8月)
  • 荒川久壽男教授を偲ぶ(略歴・業績)〔鎌田純一〕
  • 阪本夏男教授に深謝(略歴・業績)〔鎌田純一〕
  • 神道五部書の成立〔鎌田純一〕
  • 清原宣賢の研究序説〔岡田芳幸〕
  • 末期養子の禁緩和に関する一考察〔小柴良介〕
  • 内教坊の成立過程について〔鈴木規子〕
彙報 史學會昭和六十一年度活動報告・昭和六十一年度修士論文及び卒業論文題目・国史學科昭和六十一年度講義題目
創刊号(昭和61年3月)
  • 発刊の辞〔鎌田純一〕
  • 日露講和会議に関する一考察〔阪本夏男〕
  • 『吾妻鏡』建久三年七月廿六日条所載の除書について〔藤本元啓〕
  • 資蔭出身制度の成立過程〔池田久〕 懐風藻の諸本〔足立尚計〕
彙報 史學會昭和六十年度活動報告・昭和六十年度修士論文及び卒業論文題目・国史學科昭和六十年度講義題目
戻る ページトップ

国史学科とは?コース紹介と履修モデル習得可能な資格ゼミ紹介卒業題目一覧教員紹介
国史学科研究室史學會| 大学院 国史学専攻受験生の方在学生の方へ
リンク集お問い合わせ