ゼミ紹介と卒論題目一覧

 

平成22年度 卒業論文題目一覧

○:図書館で閲覧可能

  外記政の成立
  戦国期向井氏と徳川水軍
  中世の内宮式年遷宮
  中世大友氏の信仰
  吉田松陰の教育思想
  日露戦争後の日本陸軍
日本古代における四神思想について
  中世における伊勢国大湊の研究
  神宮関係特別都市計画の研究
  南北朝期における神宮奉幣使について
  コレラ流行時の民衆の姿と政府の対策 ―明治一〇年代を事例として―
  中世伊勢の在地徳政
石上神宮の成立と御祭神
  近世伊勢参宮の研究
  火附盗賊改の研究
  精神衛生行政と優生思想
南北朝期における仁木氏の研究
源義経の研究 ―腰越状を中心に―
  大塩平八郎の研究
  新撰組の研究
  川路利良について
  古代遠江国の駅家所在地について
  明治時代における相撲文化の衰退と繁盛
  明治天皇について ―少年天皇から大元帥としての天皇へ―
  律令制下における史生について
  地域と特別大演習 ―明治・大正期の在郷軍人会を事例に―
  中岡慎太郎の研究
  南勢地域における鉄道の変遷とその影響
  絵符についての考察
  藤原仲麻呂の新羅征討計画について
中世における東福寺門前の研究
  中世における美濃御杣山の研究
  東京鉄道株式会社の市有化からみる利光鶴松の人物像
伊勢商人角屋氏の研究
  映画と統制
  岩下清周の研究
  榎本武揚の植民政策
  日露戦争とメディア
  中世における武器使用に関する一考察
  石原莞爾について
  松井石根と大亜細亜主義
  ジョセフ・ヒコから見た明治維新
  伊勢国人長野氏の研究 ―永正年間を中心として―
広田弘毅と東京裁判
  北勢地域における部落の研究
  甲州法度之次第の研究
  犬養毅の研究
戦前期における低所得者層の簡易保険加入問題
  阿南惟幾と終戦
神苑会に関する一考察
  吉田松陰の思想的研究
  松岡外交の再検討
  嘉納治五郎の柔道理念 ―精力善用・自他共栄を中心として―
  警防団における一考察
  昭和恐慌の背景と時局匡救事業打ち切りに対する一考察
  本能寺の変後の織田信孝
  主水司について ―カモ氏との関連について―
  南満洲鉄道株式会社および満洲に関する一般認識の形成について
  第二次世界大戦と空戦
  横井小楠の研究
  鍋島直正の教育改革
  『上井覚兼日記』に見る武家の遊芸
  赤報隊相楽総三の研究
  中世の伊勢湾支配と警固
  政治家及び武道家としての山岡鉄舟
  乃木希典の研究
  幕末における外国人の日本及び日本人観
  中世の伊勢例幣使について
  観察使の研究
  藤原純友の乱の研究
  石清水八幡宮の創祀
  南北朝・室町期における園城寺の研究
本居宣長の「遺言書」と臨終前後 ―その思想的意義について―
中世前期における病と陰陽師
  明治神宮競技大会 ―スポーツを楽しむ手段という観点から―
  清涼飲料水について
  伊賀国神宮領の研究
  二代目川島甚兵衛の人物像
  室町中期における島津氏の研究
日本古代女性天皇の即位の研究
  硫黄島の戦いと海軍
平安時代における陰陽道祭祀 ―鬼気祭を中心として―
  安倍晴明についての一考察
  第一銀行朝鮮進出の経緯
  中根雪江の研究
津藩本心鏡智流槍術指南役服部保邦に関する研究
  古市遊廓の一考察
  斎王制度の成立と展開
荒木田氏の研究
  町火消の防火対策の研究
南北朝時代における少弐氏について
  帝国海軍における航空軍備について
  在日とパチンコ産業の変遷について
  信長公記にみえる軍事施設について
戻る ページトップ

国史学科とは?コース紹介と履修モデル習得可能な資格ゼミ紹介卒業題目一覧教員紹介
国史学科研究室史學會| 大学院 国史学専攻受験生の方在学生の方へ
リンク集お問い合わせ