大学院 国史学専攻

HOME » 大学院国史学専攻 » 担当教員 » 上野 秀治

上野 秀治(うえの ひではる)

もっと詳しく

専門分野 大名生活史、華族制度史
所属学会 史学会、社会経済史学会、日本古文書学会、中央史学会、
芸備地方史研究会、地方史研究協議会、日本歴史学協会
主な著書
  • 『三重県の歴史』(共著、山川出版社、平成12年)
  • 『四日市市史 近世編』全4冊
    (共著、四日市市、平成3年〜平成11年)
  • 『東久世通禧日記』全3冊(霞会館、平成4年〜平成7年)
主な論文
  • 「大名分家の基礎的考察」
    (『徳川林政史研究所研究紀要』昭和47年度、昭和48年3月)
  • 「大名家格制についての問題点」
    (『金鯱叢書』創刊号、昭和49年3月)
  • 「明治初期尾張徳川家の経済構造」
    (『社会経済史学』41-5、昭和51年3月)
  • 「江戸城登城日をめぐる幕藩関係」
    (『江戸幕府と巨大都市江戸』、平成15年10月)
担当科目

日本近世史研究演習

日本近世史特殊講義

国史概説

課題研究(研究指導)

日本近世史特殊研究

特殊課題研究T

特殊課題研究Ⅱ

特殊課題研究Ⅲ

戻る ページトップ

国史学科とは?コース紹介と履修モデル習得可能な資格ゼミ紹介卒業題目一覧教員紹介
国史学科研究室史學會| 大学院 国史学専攻受験生の方在学生の方へ
リンク集お問い合わせ