大学院 国史学専攻

HOME » 大学院国史学専攻 » 担当教員 » 岡野友彦

教授 岡野友彦(おかの ともひこ)

もっと詳しく

専門分野 日本中世史・古文書学・博物館学
所属学会 国史学会、日本古文書学会、中世史研究会、日本史研究会、
戦国史研究会、史学会、歴史学研究会、日本宗教文化史学会
主な著書
  • 『家康はなぜ江戸を選んだか』(教育出版、平成11年)
  • 『中世久我家と久我家領荘園』
    (続群書類従完成会、平成14年)
  • 『源氏と日本国王』(講談社現代新書、平成15年)
  • 『北畠親房―大日本は神国なり―』
    (ミネルヴァ日本評伝選、平成21年)
主な論文
  • 「「応永の検注帳」と中世後期荘園制」
    (『歴史学研究』807、平成17年10月)
  • 「家康生涯三度の源氏公称・改姓」
    (『戦国織豊期の社会と儀礼』、平成18年4月)
  • 「伊勢中世都市の歴史的位置づけ」
    (『中世都市研究』13、平成19年9月)
  • 「修理職領から禁裏領へ」
    (『禁裏領山国荘』、平成21年12月)
担当科目

国史学研究法T(史料論)

日本中世史特殊講義

日本中世史研究演習

国史概説

古文書学

課題研究(研究指導)

日本中世史特殊研究

特殊課題研究T

特殊課題研究Ⅱ

特殊課題研究Ⅲ

戻る ページトップ

国史学科とは?コース紹介と履修モデル習得可能な資格ゼミ紹介卒業題目一覧教員紹介
国史学科研究室史學會| 大学院 国史学専攻受験生の方在学生の方へ
リンク集お問い合わせ