大学院 国史学専攻

HOME » 大学院国史学専攻 » 担当教員 » 松浦 光修

教授 松浦 光修(まつうら みつのぶ)

もっと詳しく

専門分野 日本思想史
所属学会 神道史学会、日本思想史学会、鈴屋学会、明治聖徳記念学会
主な著書
  • 『大国隆正の研究』(神道文化会、平成13年)
  • 『日本を虐げる人びと』(PHP、平成18年)
  • 『やまと心のシンフォニー』(国書刊行会、平成14年)
  • 『夜の神々』(彗文社、平成17年)
  • 『大国隆正全集』第8巻(国書刊行会、平成13年)
主な論文
  • 「大国隆正における国学四大人観の形成過程」
    (『日本思想史学』17、昭和60年)
  • 「『学統弁論』の成立―安政四年の大国隆正―」
    (『芸林』50-2、平成13年)
  • 「国学者の孔子観―宣長篤胤を中心として―」
    (『神道史研究』52-2、平成16年)
担当科目

日本近代史研究演習

日本近代史特殊講義

課題研究(研究指導)

日本近代史特殊研究

戻る ページトップ

国史学科とは?コース紹介と履修モデル習得可能な資格ゼミ紹介卒業題目一覧教員紹介
国史学科研究室史學會| 大学院 国史学専攻受験生の方在学生の方へ
リンク集お問い合わせ